2008年01月13日更新

城崎温泉




今回の冬合宿の宿泊地であり、メインの目的地でもある城崎温泉。
風情ある、とてもよいところでした。


途中の道の駅にて。
観光地なんかで見かける、よくある名前がずらっと揃ったグッズ。
ここにはタオルがありました。


一部分を拡大。
この6名は全員実行委員にいる名前です。


ソフトクリームを食べながら、なぜか「その時歴史が動いた」を
まじまじと見つめています。


長旅の末、旅館に到着。お疲れさまでした。


今日は「歓迎 湖風祭実行委員会 御一行様」のみ。
夢の貸切です。


城崎温泉では浴衣が正装とされているそうです。
さっそく着替えて夜の宴に望みます。


夕食は、あらかじめ蟹か肉かを選択し、それぞれ席が分かれます。
(写真手前が肉、奥が蟹)
冬合宿の醍醐味の一つでもあります。
2回以上参加しないと両方を堪能することができません。


蟹。
茹でたもの以外にも刺身がありました。うまかった。


肉。
但馬牛をしゃぶしゃぶでいただきます。うまかった。


温泉旅館と言えば欠かせないのが卓球。
絶滅したかに思えたこの文化、ここにはまだ息づいています。
負けたら顔にラクガキという罰ゲームを賭けて勝負した結果、
成人式を間近に控えた女の子が敗者に。
容赦ないラクガキは傑作だったのですが、
当事者の人権に関わる問題ですので残念ながら公開できません。


城崎温泉の特徴として、7つある外湯があげられます。
それぞれの外湯が順番に休みをとるため、1回の合宿では絶対に回りきれません。
そのため、合宿に複数回参加することで
はじめてすべて制覇することができます。


昔ながらの射的場。
いかにも温泉街的な雰囲気がなんともタマランです。


ジェンガをしたり、コイバナで盛り上がったり、
朝5時近くまでワイワイしていました。


第4チェックポイント 玄武洞へ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。